ワイモバイルで古いiPhoneは使える?iPhone6/6 Plus/5s/5CはSIMフリーなら可

ワイモバイルで古いiPhoneは使える?iPhone7や6s,6,5sなど

ワイモバイルではiPhoneをセット購入できますが、現在自分が使っているiPhoneをワイモバイルに持ち込んで(Y!mobileのSIMカードだけを契約して用意したiPhoneで)使う事ができますよ。

特に昔発売されたiPhone6sやそれ以前に発売されたiPhone6/6Plusや5s/5cなどのモデルは、

【ワイモバイルで使える旧モデルiPhone】

SIMフリー版であればワイモバイルで使う事ができる
ドコモauソフトバンクで買ったiPhone6やそれ以前のモデルはSIMロックが解除できないので使えない

となっています💡

現在は最大23,000円分のPayPay特典のキャンペーン中🎵↓
ワイモバイル(Yahooモバイル)23000_バナー
ワイモバイル公式ページで詳細をチェック💡

ワイモバイルではスマホも販売しているものの、多くの人が手持ちのスマホにSIMカードだけ契約して差して使っています。(スマホの持ち込み利用=SIMのみ契約)

SIMロックを解除しないとワイモバイルでiPhone14は使えない

ワイモバイルでは様々な機種のスマホが使えますが、特に人気の高い「iPhone」であればiPhone6s以降のモデルなら「SIMロックを解除している」か「SIMフリー(元々SIMロックが掛かっていない)」であればワイモバイル側で動作が確認されているので安心して持ち込み利用可能です。

一応こちらでワイモバイルで動作確認が取れている(実績のある)iPhoneモデルを以下にまとめてみました↓

iPhoneモデル SIMフリー版
(Apple&楽天購入)
SIMロック版
(ドコモauSoftbank版)
iPhone14シリーズ
(2022.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhoneSE(第三世代)
(2021.3発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhone13シリーズ
(2021.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhone12シリーズ
(2020.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhoneSE(第二世代)
(2020.4発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhone11シリーズ
(2019.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhoneXS,XR
(2018.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhoneX/8
(2017.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhone7/7Plus
(2016.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロックを解除すれば利用可能)
iPhone6s/6sPlus
(2015.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロック解除すれば利用可能)

詳しくはワイモバイル公式の「動作確認端末一覧ページ」に記載されているので各自確認してみて下さい↓

参考:SIM動作確認済機種一覧 (ワイモバイル公式)

キャリア版iPhone6/6Plusやそれ以前のiPhoneはSIMロック解除不可=ワイモバイルでは使えない

またワイモバイルでiPhone6sよりも昔に発売されたモデル(iPhone6やiPhone5s)が使えるかも気になるところでしょう。

iPhone6&iPhone6plus

結論から述べるとワイモバイルではキャリア(ドコモauソフトバンク)購入のiPhone6やそれ以前のモデルを使う事ができません

というのも、iPhone6や5sといったモデルは2015年5月以前に発売されたモデルだからです。

ドコモauソフトバンクでSIMロック解除の義務化に対応したのは「2015年5月以降に発売された機種から」となっており、iPhone6s以降がキャリア側でSIMロック解除をしてくれるiPhoneモデルとなっています。

iPhone6/6Plusの発売日は2014年9月なので、ギリギリSIMロック解除に対応していない=SIMロック解除不可なiPhoneという事です。

更に「ワイモバイルではSIMロック状態のiPhoneは使えない」と公式で公表しているので、キャリア購入のiPhone6/6Plusやそれ以前のiPhoneはSIMロック解除不可=ワイモバイルでは使えないという事になります。

iPhoneモデル SIMフリー版
(Apple&楽天購入)
SIMロック版
(ドコモauSoftbank版)
iPhone6s/6sPlus
(2015.9発売)
◎ (そのまま利用可能) 〇 (SIMロック解除すれば利用可能)
iPhone6/6Plus
(2014.9発売)
◎ (そのまま利用可能) ✕ (SIMロック解除不可なので)
iPhone5s/5c
(2013.9発売)
◎ (そのまま利用可能) ✕ (SIMロック解除不可なので)

iPhone6/6Plusやそれ以前のキャリア購入iPhoneは、キャリアショップに持って行ってもSIMロックは解除してもらえません。

が、一部SIMロック解除アダプタ(通称”SIM下駄”)などの非公式ツールを使って無理矢理解除するという方法も存在します。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)の実物写真

「SIM下駄」は上記の写真のようなトレイになっており、トレイの上にキャリアのSIMカードを載せてiPhoneのSIMスロットに挿入する事で、SIMロックは解除されていない状態でもSIMカードの挿入状況をプログラムで誤認識させて使えてしまうという裏技的なツールです。(もちろん非公式の方法なので自己責任となります)

参考:
Amazonで「simロック解除アダプター」を探す
楽天市場で「SIMロック解除アダプタ」を探す

キャリア版iPhone6はワイモバイルでは利用不可⇒使える格安SIMは存在する

前述の通りドコモやau、ソフトバンクで購入したiPhone6や5sはワイモバイルでは使えませんが、一部の格安SIMではSIMロック状態でも使える通信会社も存在します。

現在キャリア版iPhone6や5sの動作を確認できた格安SIMは購入キャリア毎に以下の通りです↓

古いiPhoneモデル ドコモ版 au版 ソフトバンク版
iPhone 6
iPhone 6 Plus
(2014.9発売)
mineo(Dプラン)
(テザリング不可)
mineo(Aプラン)
テザリング不可
mineo(Dプラン)
iPhone5s
iPhone5c
(2013.9発売)
mineo(Dプラン)
(テザリング不可)
mineo(Dプラン)
iPhone5(2012.9発売) mineo(Dプラン)

そもそも現在iPhone6やそれ以前のiPhoneを格安SIMで使うニーズがそこまで多くないからか、多くの格安SIMでは公式の動作実績端末一覧ページにはiPhone6や5sの動作状況が記載されてない事が殆どです。

そんな中でもmineo(マイネオ)という格安SIMではドコモ回線プラン(Dプラン)、au回線プラン(Aプラン)、Softbank回線プラン(Sプラン)の3回線のプランが準備されていますが、それぞれiPhone6や6Plusが動作実績端末として記載されていました↓

参考:動作確認済み端末検索 (mineo公式サイト)

mineoのSプラン(Softbank回戦プラン)で、Softbank版iPhone5sがSIMロック解除なしで動作すると記載がある

例えば上記はソフトバンク版iPhone5sがmineoのSプラン(Softbank回線プラン)でSIMロック解除なしで動作が確認できている事を意味しています。

もし現在キャリア版のiPhone6や5sが使える通信会社を探しているのであれば、mineo(マイネオ)の動作実績端末一覧ページを確認してみる事をお勧めします↓

SIMフリー版のiPhone6や6Plus、5sならワイモバイルで利用可能

ちなみに上記でSIMロックが解除できない=ワイモバイルでは使えないのはあくまでキャリア購入のiPhone6/6Plus/5s/5cの話です。

Appleなどで購入したSIMフリー(SIMロックが掛かっていない)iPhone6/6Plus/5s/5cであれば、問題なくワイモバイルのSIMカードを差して初期設定をすれば利用可能ですよ。

一応ワイモバイル公式の「SIM動作確認済機種一覧」にもSIMフリー版は利用実績があると記載もあります↓

SIMフリー版ならiPhone5sや6,iPhone6Plusでもワイモバイルで利用可能

現在の自分のiPhoneのSIMロック解除状況は以下の手順で確認できます↓

【iPhoneのSIMロック状況を確認する手順】

iPhoneのホームから「設定」>「一般」>「情報」>「SIMロック」の項目に記載されています。
⇒「SIMロックなし」ならSIMフリーかSIMロック解除済の状態です。